花嫁衣裳レンタルについて、これだけは知っておきたいこと

花嫁衣裳レンタルについて、これだけは知っておきたいこと

新婦さんが幸せを感じる瞬間はいろいろとありますが、はじめて花嫁衣装に触れた時もあるでしょう。新婦さんが人生で一番輝く瞬間があります。花嫁衣装を決める場合は、じっくりと時間をかけるようにしましょう。
 
衣装はたくさんありますから、目移りしてしまいがち。でもそれは当然のことなのです。納得がいく1着を選ぶには、バタバタして決めるのはよくないです。余裕のある計画を策定して、早めの行動を心がけるようにすれば大丈夫。
 
目標としたいのは結婚式の準備が最終段階に入る3ヶ月前と想定するといいでしょう。そのタイミングで最終的に決定すればいいです。どんな花嫁姿になりたいのかイメージしながら、コーディネイトを考えてゆきましょう。まずは、衣装選びのスケジュールのポイントから、ご紹介しましょう。
 
■花嫁衣装選びのスケジュールのポイント
【挙式の10ヶ月前から5ヶ月前まで】
この時期は、情報収集です。ブライダル雑誌やインターネットで花嫁衣装に関しての情報を集めるようにしましょう。レンタルショップのイベントに参加したり、下見・フィッティングも余裕があれば、進めるといいでしょう。和装にするのか洋装にするのかは会場の雰囲気に合わせて考えましょう。そして、気になる衣装をピックアップしておくといいですね。専用のノートを作ることをオススメします。
 
【挙式の4ヶ月前から3ヶ月前】
レンタルする衣装を決定する時期になります。レンタルせずにフルオーダーするならば、早めに発注しなければ間に合わなくなりますので注意してください。
 
【挙式の2ヶ月前から1ヶ月前】
花嫁衣装に合うような小物を選びましょう。コーディネイトを決定します。花嫁衣装にあうヘアメイクの打ち合わせやカツラあわせなどもこの時期になります。必要に応じてブライダルインナーも購入しなければなりません。ブーケの手配もこの時期にスタートしてください。
 
【挙式2週間前から1週間前】
ヘアメイクやドレスの最終リハーサルを行う時期です。
 
では、次にどんなウエディングドレスを選べば良いのかコツをご紹介しましょう!
 
■ウエディングドレスを選ぶ秘訣はコレだ!
 
最近は和装の花嫁姿も人気ですが、洋装も根強い人気があります。ドレスショップへ入ると、憧れのウエディングドレスが壁面いっぱいに展示されています。デザインは本当に無数にあります。この中から自分に合う物を探すのは指南の技。好みや憧れに偏ることなく、会場のイメージや自分の体型にあっているかをトータルで判断しましょう。
 
そして、何と言っても最近のトレンドは和装での花嫁衣装です。
 
 
■和装の花嫁衣装の選び方はどこに注意すればいいの?
 
古式ゆかしい和の挙式が大人気。やっぱり日本人ならば和婚だという風潮が最近は主流になってきています。定番の衣装は「白無垢」です。けれども白だけでは満足しない新婦さんも少なくありません。色鮮やかな着物も一度は来てみたいのです。
 
着物は女性にとって憧れの衣装です。成人式の衣装も洋装よりも和装の方が多いのを見てもわかります。カラフルな和装にもこだわるならば、披露宴のお色直しに着用したり前撮りに色柄が入った着物を取り入れるケースは多いです。
 
日常的に着物を着る女性は少ないですから和装のことを知らないですね。そんな人は衣装係のスタッフにいろいろとアドバイスをもらうといいでしょう。主な和装の花嫁衣装の特徴をご紹介しておきましょう。
 
【白無垢(しろむく)】
「白無垢」は最も格式が高い花嫁衣装で、打掛から掛下・帯・下着・小物まで、すべてを白い色で統一しています。これは、嫁ぎ先の家風にそまりますよ……という意味を持っています。花嫁衣装の和装で一番印象深い綿帽子姿。この組み合わせができるのは白無垢を着用したときだけになります。他の花嫁衣装をきて綿帽子を合わせることはできませんので注意しましょう。角隠しと白無垢の組み合わせはできます。
 
【色打掛(いろうちかけ)】
「色打掛」は挙式にも披露宴にも取り入れやすい特徴を持っている花嫁衣装です。色鮮やかで下地には縁起の良い文様と刺繍がほどこされて、とってもゴージャスに見えます。まさにお姫様のイメージ。文金高島田に角隠しの組み合わせならば正礼装になり、とってもステキです。モダンな洋髪と合わせると披露宴のお色直しでもインパクトのある演出ができてドラマチックです。
 
【引き振袖(ひきふりそで)・本振袖(ほんふりそで)】
日本の伝統和装の一つが「引き振袖」「本振袖」です。「引き振袖」は裾を引くほど長いのが特徴。「本振袖」は袖丈が普通の振袖よりも長くなっています。中でも「黒引き振袖」は黒地に豪華な柄をあしらっています。シックな大人の花嫁のイメージをつくりあげたいならばコレで決まり!黒以外の華やかな明るい色目を選ぶと披露宴をとっても華やかに演出できるでしょう。
 
【新和装(しんわそう)】
新しい感覚の着物をコンセプトにしたものが「新和装」になります。伝統的な和装をモダンにアレンジしています。サテン地やオーガンジーなどの素材を使ったものがメインです。自由で斬新なアプローチは洋風の会場でも、マッチします。インターネットやブライダル雑誌にも多く取り上げられて注目です。これから増えてくル花嫁衣装の予感がします。気になる新婦さんは一度チェックしてみてください。

名古屋で白無垢・打掛・色打掛・引き振袖・和装・花嫁衣裳等のレンタル|新木屋